老犬老猫ホーム・介護に関する注意事項

「老犬ホーム」や「老猫ホーム」および「ペット介護業者」には様々な形態があます。介護およびサービス内容や料金体系も様々です。

あなたの子供である愛犬や愛猫およびペットを預けることは、余生を託す、命を託すということです。

ご契約の前に、あなたの愛犬や愛猫およびペットにとって本当に適した業者であるか十分注意する必要があります。

動物愛護管理法

「老犬ホーム」や「老猫ホーム」および「ペット介護業者」は、環境省の定める「動物愛護管理法」に基づく「第一種動物取扱業者」として位置付けられています。そのため、老犬、老猫の管理に関する基準が定められており、その基準を満たしたうえで、都道府県知事又は政令市の長の登録を受けなければなりません。目的は、その名の通り「動物愛護」を最優先に考慮し、それらを利用する方々にとっての安心のための法律です。 (環境省:動物愛護管理法

あなたの愛犬や愛猫を預ける、または介護を受ける前に、「第一種動物取扱業者」として登録している業者かどうかの確認をお勧めします。

トラブルにならないために

「第一種動物取扱業者」の登録業者であるか確認する事以外にも、サービス内容や預けた後に発生した怪我や病気の費用、死去後の葬儀や埋葬等の方法や費用についても業者によって様々です。

後でトラブルにならないように、予め確認項目を洗い出し、事前に確認する事をお勧めします。

ページのトップへ戻る